プロフィール

* 自然いっぱいの田舎で暮らしています *

ゆずママ

 名前:ゆず(愛称:ゆずポン)
 性別:♀
 犬種:トイ・プードル

 2009年06月 ホリスティックケア・カウンセラーを取得
 2013年12月 ドッグマッサージ・セラピストを取得

script*KT*

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

ブログリンク

*当サイトはリンクフリーです。

Powered By 画RSS

お気に入りのショップ

ゆずの体重推移

 生後2ヶ月・・・0.85kg
 生後3ヶ月・・・1.44kg
 生後4ヶ月・・・1.71kg
 生後5ヶ月・・・2.06kg
 生後6ヶ月・・・2.02kg
 生後7ヶ月・・・2.04kg
 生後8ヶ月・・・2.00kg
 生後9ヶ月・・・2.04kg
 生後10ヶ月・・2.15kg
 生後11ヶ月・・2.10kg
 1歳・・・・・2.20kg
 1歳6ヶ月・・・2.35kg
 2歳・・・・・2.45kg
 2歳6ヶ月・・・2.55kg
 3歳・・・・・2.55kg
 3歳6ヶ月・・・2.55kg
 4歳・・・・・2.60kg
 4歳6ヶ月・・・2.75kg
 5歳・・・・・2.60kg
 5歳6ヶ月・・・2.70kg
 6歳・・・・・2.65kg
 6歳6ヶ月・・・2.60kg
 7歳・・・・・2.65kg
 7歳6ヶ月・・・2.60kg
 8歳・・・・・2.70kg
 8歳6ヶ月・・・2.80kg
  〈2017-05-22更新〉

バックナンバー

カテゴリ

バナー

cool dog site of the day JAPAN
2010/03/22受賞


にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

あくび印 素材屋405番地 mattarihonpo

検索フォーム

RSSリンクの表示

  • 2013
  • 06/27
  • Thu

ボディラップ

つなビィ記事で昨日ちろっとUPした写真。

ゆずママってそっち系の変態だったのー?('A`)

と、マジでみんなに勘違いされそうな勢いなので(特にモナママw)

暇見てゆっくり更新・・・
と思ってましたが早くもこちらで詳細記事更新しますぅ(^_^;)



---------

この春からしつけのレッスンを再開したポン先生。

今のレッスンの先生は競技会用のトレーニングや
ドッグスポーツを学んだ先生なのでレッスン内容はしつけの事だけではなく
ワンコの体のケアやトレ方法なども教えてくれます。


特に 過保護な小型犬ほど後ろ足の意識がない

と、先生から聞いた時はぶっちゃけ うそーん(´ω`) と思ったけど
先生の指示で細い幅(5cm~10cm)の平均台の上を歩かせると
面白いようにゆずポンの後ろ足だけが平均台から落ちてね。
本人、大真面目に歩いてるのにさ。
この衝撃的瞬間を見たときは、そりゃ~目から鱗だったよー(゚ロ゚)

『過保護な小型犬ほど』
ってのは、犬本来簡単にできることなのにうちの子には出来ないから怪我するからと
はなから飼い主さんが思い込みやらせないから特に後ろ足の意識がなくなるんだって。
後ろ足の意識がないと自分の体のコントロールができてないので
逆に怪我や事故が多くなるとか。

そんな先生の話を聞いて
アレ?どこかで同じような話を聞いたことがあるぞ(´σ `)ホジホジ
って思ってたけど全く思い出せなくてさ~(老化?)
でも、昨日の夕方車を運転してる最中に突然思い出した!(゚ロ゚)ハッ



それは4年前。
前のしつけ教室に通ってた時に実践したトレーニング方法。
ちなみに以前のしつけ教室では、クリッカー使用してのレッスンをメインとし
ダンスやアジリティー、臭気訓練、トレーニングなどなど
色々な物を広く浅く教えてもらいました。

あの時は、ゆずポンが全く落ち着きがなく神経質で(今もだけど)
先生にこーゆーのもあるよと教えてもらったのが今回記事にするボディラップ。


こんな感じ。
薄く伸縮性のある布で、体を包みます↓


DSC_3830.jpg


決して変なプレイじゃないよー(〃ω〃) キャァ♪
ゆずポンもゆずポンでこんな顏するしー('A`)
(いつもは巻いても普通にしてるのにさっ)


テリントンメソッドのひとつ。
テリントンタッチ(Tタッチ)なら聞いた事ある人もいるかな?
1983年に誕生したもともと人間用のボディーワークをだったものを馬へ。
またそこから他の動物へ応用したTタッチと言うマッサージがあるんだけど
これはその一種でボディラップってヤツ。
ホリスティックケア・カウンセラー取得の際に、Tタッチだけは勉強したんだけどねー。
  ↑ 犬の体の構造をはじめ 食事(栄養学・食育)、心(Tタッチやアロマ・レメディ)、
    身体(ツボを含めたマッサージや日頃のケア)を勉強し取得する資格


   ■ボディラップに適している子■
    ①落ち着きのない子・ハイパーな子
    ②神経質な子
    ③臆病な子(車酔いや雷、花火を恐がる時)
    ④どこかを舐める癖のある子
    --------------
    ⑤体に麻痺のある子
    ⑥老犬
    ⑦トレーニング



Tタッチのマッサージにはリラックス効果があるので
①~④まではボディラップしなくてもTタッチだけでも効果あり。
ボディラップすると誰かに寄り添ってるとか触られてる感じで
リラックス効果がでるんだろね。

更に⑤~⑦を含め、テリントンメソッド説で説明すると~
ほとんどの犬は自分の体をしっかり認識してなくて
そのため怖がりな犬は自分の体がどれくらいのサイズなのか分からず、
実際体に触れていなくても近づくと攻撃してしまうのだとか。
ボディラップを行うことによって犬に自分自身の体への意識を持たせることができ、
動きや行動に自信が持てるようになるんだとか。
人間は自分の大きさなどを把握してるからワンコも同じと思ってたけど、
ワンコと全く感覚が違うんだね。ビックリさー(゚ロ゚)

体全体の意識があると筋肉もバランス良く使えるようになる。
足腰が弱くなったシニアにも意識することで筋肉にいい刺激があるとか。



最近、ゆずポンのお友達にヘルニアやそれに近い症状の子も急に増えました。

恐らく、もともと腰が弱くて
それをかばうために姿勢が悪くなり
そうしてるうちに左右の筋肉バランスが崩れ
腰に負担が来る悪循環なのかも。

また腰が悪くなくても姿勢が悪いと
筋肉バランス崩れ~
(以下省略)

腰を痛める前の予防としてこのブログを見てくれてるお友達だけでも
簡単にできるこのボディラップやってもらえるといいなぁ。
そんな気持ちで今回この記事を頑張ってまとめました。
アタシってなんていい人なんだろ( ´ ▽ ` )←自画自賛←放置プレーで。



道具はコレ↓


DSC_3827.jpg


伸縮性のある人間用の包帯でOK(非粘着タイプ)
ワンコの大きさによってだけど1~2個。
これだけ~(ノ´∀`*)

毎日でなく気が向いた時や思い出した時に長くて20分間巻くだけ
(習慣にしない方が刺激を感じるみたい)
ゆるい~(ノ´∀`*)



試してみる場合はこちらのブログをちゃんと読んでみてね。
   ↓注意しないといけない点もあるので↓

   Tタッチ等の効果

   ボディラップの巻き方


ディスク競技のトレーニングとしてもボディラップが使う人がいるそうで
ボディラップしながら日頃練習してた子はジャンプや着地など体に無駄な動きがなく
キャッチしてもディスクを落とす事も少ないとか。
体をちゃんと意識的に動かせるからなんだろうね。

家庭犬の場合もボディラップして日常生活良くする行動(外でお散歩やボール遊びなど)
すると効果的なんだろうけど、これで外に連れていくと
他の人に変態飼い主と思われそうだよねー(;´∀`)

なのでお散歩行けないこの梅雨時期。
家の中で是非ボディラップを試してみて下さい~(笑)



ボディラップには伸縮性のある布だけではなく、
ぴったりとした洋服を着せることでも効果があります。
その場合、洋服にたるみができないようクリップなどいくつか使い
体に洋服をピッタリと密着するようにしてね。
でも、せっかくなら下半身を含めフルボディラップで~


DSC_3828.jpg




うはー。
また写真少な目の長文だけの記事になってしまったー(;´∀`)
でもでも、これでみんなの健康維持になるのなら嬉しいな♪
少なくてもナノママはこの記事喜んでくれるよね?(笑)

ゆずポンもこのまま適当にフルボディラップ継続し、
いつかこの姿で公園散歩させるぞー(*´д`*)←やっぱ変態?
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:わんことの生活
ジャンル:ペット

top↑