プロフィール

* 自然いっぱいの田舎で暮らしています *

ゆずママ

 名前:ゆず(愛称:ゆずポン)
 性別:♀
 犬種:トイ・プードル

 2009年06月 ホリスティックケア・カウンセラーを取得
 2013年12月 ドッグマッサージ・セラピストを取得

script*KT*

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事&コメント

ブログリンク

*当サイトはリンクフリーです。

Powered By 画RSS

お気に入りのショップ

ゆずの体重推移

 生後2ヶ月・・・0.85kg
 生後3ヶ月・・・1.44kg
 生後4ヶ月・・・1.71kg
 生後5ヶ月・・・2.06kg
 生後6ヶ月・・・2.02kg
 生後7ヶ月・・・2.04kg
 生後8ヶ月・・・2.00kg
 生後9ヶ月・・・2.04kg
 生後10ヶ月・・2.15kg
 生後11ヶ月・・2.10kg
 1歳・・・・・2.20kg
 1歳6ヶ月・・・2.35kg
 2歳・・・・・2.45kg
 2歳6ヶ月・・・2.55kg
 3歳・・・・・2.55kg
 3歳6ヶ月・・・2.55kg
 4歳・・・・・2.60kg
 4歳6ヶ月・・・2.75kg
 5歳・・・・・2.60kg
 5歳6ヶ月・・・2.70kg
 6歳・・・・・2.65kg
 6歳6ヶ月・・・2.60kg
 7歳・・・・・2.65kg
 7歳6ヶ月・・・2.60kg
 7歳7ヶ月・・・2.80kg
 7歳8ヶ月・・・2.50kg
 7歳9ヶ月・・・2.55kg
  〈2016-09-21更新〉

バックナンバー

カテゴリ

バナー

cool dog site of the day JAPAN
2010/03/22受賞


にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

あくび印 素材屋405番地 mattarihonpo

検索フォーム

RSSリンクの表示

  • 2015
  • 02/26
  • Thu

ゆずのお腹の病気

IMG_8659.jpg


先週金曜日。
ゆずの体調がまた悪くなったので検査しました。
外部機関への検査なので結果が出るには少しかかり
来週には出る予定です。

この検査でハッキリ分かる訳ではなく
この後は血液検査もする予定になってます。
ひとつずつ関係ない物を除外していく検査となります。


今まで簡単に大腸炎と説明してきましたが
実はゆずの病気は 炎症性腸疾患(IBD)の可能性もあり
医師と相談のもとストレスにならない行動や
食生活の改善を繰り返しながら経過観察してきました。

小さいころはお腹を壊す事がなかったのですが
3年前ぐらいから季節の変わり目に大腸炎になり年々それが増えてきました。
一昨年の秋(1年4ヶ月前)あたりから1度大腸炎をすると
悪化しなかなか治らなくなり、去年の春から生活を見直し
ゆずとの行動や食事を医師との相談のもとガラッと変えましたが
それでも改善することなく去年の夏以降は更に体調が不安定に
常にお腹のトラブルを抱えている状態で去年までは月2病院へ。
今年になっては月3で病院。
先週に関しては週3で病院でした。


大腸炎は単発では治療しても4日ぐらいで改善します。

炎症性腸疾患(IBD)は常に大腸炎の発症で
悪化を繰り返すと腸内膜が何度も剥がれる事によって
最終的には食べても食べても栄養が吸収できなくなり
ガリガリに痩せて衰弱して亡くなります。


炎症性腸疾患(IBD)だとしても
ゆずはまだ時間はかかるとしても一旦は薬で改善するので
まだ症状は軽い方で、その前に止められたらと思い
早めにアレコレやってる状態でして~

ちなみに炎症性腸疾患(IBD)は原因不明の不治の病です。
悪化する前に足止めするしかないのです。
(まだ大学病院にかかるレベルではない)


免疫強化のためにゆずが楽しくストレスなく
お腹や体にいい食事で
どうにか薬を使わず大腸炎にならず生活できればいいのですが

今後悪化して薬を使うようになると
毎日ステロイド投与にもなるので
もともと肝臓の数値がちょっと高いのもあるので
できればそれは避けたい。


炎症性腸疾患(IBD)の判定も難しいようで
検査としては内視鏡で高い確率で分かるらしいですが
内視鏡の角度でも見落としもあるし
大型犬とは違ってゆずの体の大きさでは内視鏡も負担があるそうで。
体が小さいと思うような検査もできないんだなー
と痛感しております。


そんな事で最悪の炎症性腸疾患(IBD)の可能性がある事を
頭に叩き込んで発症に注意をしながら うまく病気と付き合いながら
ゆずの喜ぶことを沢山してあげたいと思います。
唾液腺嚢胞(ガマ腫)持ちなのでこっちも経過を見ていかないとね。


現在のゆずは一旦、昨日の午前中で薬をやめて様子見状態。
体重はまた少し減りましたが元気です。

月曜から昨日まで暖かい穏やかな日だったので
リハビリついでに少しお散歩も行ってきました。

大腸炎のピークは痛みが強く
常にトイレトイレでしぶりウ○コを繰り返し
24時間ゆっくり寝られない姿はとても可哀想なのですが
完治しきってなくても痛みがなくなると本人の自覚もなくなり
全力出しきってその後また体調崩したり・・
なかなかコントロールが難しくて~

昨日もかなりハッチャケゆずでした↓


IMG_8665.jpg

IMG_8666.jpg


薬も切れたし今日以降が少し心配です(;´∀`)


元気そうですが
すっかり体力も落ちちゃって
30分車に乗せても体調崩したり
外の環境に1時間いるだけでも疲れて体調崩したり
無理ない程度にゆっくりとリハビリして行きます。

ゆくゆくはゆずの体調崩す前に先回りで対処して
少しでも悪化する事なく生活させてあげたいと思ってますが、
今のゆずの体調はジェットコースター並みなスピードでアップダウンするので
まだまだ後方からの対処しかできなくて~
ワタスもスピードアップしてるのですが追い付かない~(;´∀`)



とりあえず、お山の新緑の時期には、
また今年もゆずと山に入るのが目標です!

楽しそうに自然を歩きながら
「私についてきて!早く早く!」
って自信たっぷり笑顔で語ってくるゆずの姿が見たいから~(*゚∀゚)=3


病気の近況はここで整理できたので
また詳しくはしばらくしたら改めて書きますね~
なるべく日々の元気な姿だけチラリと更新もしたいので
(とは言いながら備忘録として、自分の中を整理する為として書いちゃうかもだけど)


ちなみにアニコムに入ってますが半年で元が取れましたー。
保険使わなければ去年の夏からの半年で治療費は10万円。
ゆずの主治医は比較的良心的な価格設定なので
普通の動物病院だったら15万円ぐらいは出てるかな?
(以前、他の病院いくつか回った事があるけど同じ治療でも1.5倍はあった)

そんな事で、いざと言う時のための保険は大事ですね。
加入年齢上限もあるし持病があると治療費除外されたりしちゃうので
持病が出来る前に入って下さいね。
年齢と共に病気も増えるので 『いつか入れば』 は注意ですよ~

ワンコも自分も家族も
いつ病気になるか分からないし
今の生活が続けられなくなるかもしれないので
『いつかやりたい』 じゃなくて やりたい事は今すぐやって下さいね。
特にワンコの老化は思ってる以上に早いです。
ゆずを見ていると、もっと早く色々と体験させてあげたかったなぁと思います。
それでもそれに気付き、新しい物にチャレンジする姿や
季節を感じる自然の場所を意識しながら
去年たくさんゆずのキラキラと輝く姿の写真や動画を撮れたのが今後の宝物になりそうです。
今年もできるだけ残して行きます。


おっと。
そろそろゆずのごはんの準備しないと。

胃腸の負担を少しでも減らす為に
現在先生から1日に3回ごはんの指示なので また今度。

ワタスの方は外出できない
ストレス過食で最近体重がメキメキ増えてます
ここ20年間。1番のピークでヤバイっす(`ロ´;)
関連記事
スポンサーサイト

top↑